日本酒と酒蔵の紹介

秩父の日本酒 「秩父錦」と「武甲正宗」を紹介

先日、秩父に旅行に行ってきました。

メインは三峰神社。

三峰神社

遥拝殿という展望台(?)見た良なところからの秩父市の景色です。

 

旅行の道中で見かけた酒屋さんに「秩父錦」の看板がかかっているのをたくさん見ました。

どうやら、「秩父錦」が秩父の地酒っぽいな、と思っていたら、帰り道に立ち寄ったコンビニで見つけてしまいました。

「秩父錦特別純米酒」です!

2017年の全国燗酒コンテストの金賞を獲得したお酒です。純米酒、燗酒が好きな私は思わず買ってしまいました。

こういう衝動買いができるのが、車での旅行の良いところですね

というわけで、ここでは秩父錦を始めとした、埼玉県の秩父の地酒について書いてみたいと思います。

 

秩父錦とは

秩父錦とは、埼玉県秩父市の株式会社矢尾商店という会社が製造しているお酒です。

寛延二年(1749年)に創業した270年の歴史があり、荒川水系の良質の水と、綺麗の空気に寒暖の差が激しい気候の中で育まれた酒造りが特徴になっています。

荒川水系の天然水は、秩父山系の雪解け水が山にしみこみ、広葉樹林と石灰岩層とにろ過された伏流水で、天然のミネラルがほど良く溶け込んだお酒造りに適した水になっているそうです。

参考:秩父錦 伝統を受け継ぎ今を生きる酒

 

秩父錦 特別純米酒

全国燗酒コンテストの金賞を受賞した「秩父錦 特別純米酒」は、原料米の長野県産の美山錦を精米歩合60%まで磨いて造られた純米酒です。

冷や(常温)や冷やしても美味しいお酒なんだそうですが、一番のおすすめはぬる燗(40〜45℃)に温めて飲む飲み方なんだそうです。

 

全国燗酒コンテストとは

全国燗酒コンテストとは、株式会社佐浦、人気酒造株式会社、株式会社升喜、株式会社酒文化研究所が主催する、日本酒のコンテストです。

全国燗酒コンテスト

参考:全国燗酒コンテスト2018

「秩父錦 特別純米酒」は、この中の「お値打ちぬる燗部門」の金賞ということになります。

ちなみに、コンビニでの購入金額は税込みで1,048円でした。お手頃価格で気軽に飲めるお酒です。

 

もう1つの秩父の地酒「武甲正宗」

秩父には武甲正宗という地酒も有名です。

参考:武甲正宗 Web Site

 

武甲正宗は武甲酒造という酒蔵が製造している地酒です。

秩父の武甲山という山の名前を付けたお酒です。

秩父市の中心に近い場所にある酒蔵で、「平成の名水百選」に選ばれた「武甲山伏流水」で仕込まれたお酒です。この水は、営業時間中に容器を持参すれば持ち帰ることができるそうです。

参考:武甲酒造の見所・必見スポット

 

建物も趣があった素敵な感じですね。

次回秩父に行くときは立ち寄ってみたいと思います。

造られている日本酒は、全国新酒鑑評会で金賞を受賞した「武甲正宗 大吟醸」を始めとして様々な種類のお酒があります。

 

まとめ

以上、秩父の日本酒「秩父錦」と「武甲正宗」の紹介でした。

秩父に旅行に行く機会があったら、ぜひ手に取ってみてくださいね。

-日本酒と酒蔵の紹介

Copyright© 日本酒愉楽 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.