日本酒と酒蔵の紹介

香港の鑑評会で1位!スパークリングTOYOKUNIと天明掌玉純米大吟醸

香港で5月7日から開催されている日本酒の鑑評会があります。

そこで、豊國酒造(会津坂下町)の「スパークリングTOYOKUNI」がスパークリング部門を、曙酒造(同)の「天明掌玉純米大吟醸超低温3年熟成」が古酒部門でそれぞれ1位に輝きました。

参考:福島県産酒が2部門「1位」 香港の鑑評会、豊國酒造と曙酒造

 

福島県の、豊國酒造と「スパークリングTOYOKUNI」と曙酒造の「天明」について書いてみたいと思います。

 

香港開催のの「プロ ワイン アジア」とは?

「プロ ワイン アジア」とは、香港で開催されているアジア最大級のお酒の見本市です。

ワイン、日本酒、焼酎、リキュールの4つの部門があります。

日本酒は全部でで130銘柄が出品されて、現地の日本酒愛好家が「普通酒」「大吟醸酒」「スパークリンク」などの部門別に味、香りなどを評価します

参考:JETRO ワイン・アルコール飲料フェア「Pro Wine Asia」

 

「スパークリングTOYOKUNI」の豊國酒造

「スパークリングTOYOKUNI」を作っている豊國酒造は、福島県の会津坂下町の酒蔵です

スパークリングTOYOKUNI

参考:五ノ井商店 https://aizuumazake.com/toyokunishuzo-toyokuni-sparkring2018/

瓶内二次発酵で造られ、アルコール度数は12度精米歩合は55%というお酒です。

2019年5月11日現在はAmazonでは売り切れになっていました。

かなり炭酸が強いお酒で、開封時に噴出さないように注意が必要なんだそうです。

豊國酒造のホームページには現在載っていないお酒なので、季節限定生産のお酒なのかもしれませんね。

 

豊國酒造とは

豊國酒造は江戸時代の天保年間からの歴史がある酒蔵で、200年以上の歴史があります。

参考:豊國酒造合資会社

 

地元の農家のお米を原料に、地元の伏流水でお酒を仕込む、完全地元産の地酒を造ることがこだわりのお酒です。

機械の導入で効率化、大量生産ではなく人の手のお酒造りをしているのも特徴です。

そんな、地元産にこだわったお酒造りで品評会で金賞を取ったというのがすごいですよね。

純米吟醸酒「令和」を発売したことでも有名な酒蔵です。

参考:日本酒「令和」を発売 福島 豊國酒造(共同通信)Yahooニュース

 

 

曙酒造も福島県の会津坂下町の酒蔵

古酒部門を1位を獲得した「天明掌玉純米大吟醸超低温3年熟成」を造った曙酒造も、福島県の会津坂下町の酒蔵です。

参考:https://akebono-syuzou.com/

 

曙酒造とは

「天明」「一生青春」という日本酒の銘柄と、「snowdrop」という日本酒ベースのリキュールを販売している酒蔵です。

「snowdrop」は日本酒ベースのヨーグルトリキュールという変わったお酒を造っています。

snowdrop

引用元:https://akebono-syuzou.com/product/snowdrop

どんな味のお酒なのかとても気になってます。

 

今回受賞した「天明掌玉純米大吟醸超低温3年熟成」は天明という銘柄の純米吟醸酒ですが、ホームページには載っていません。

マイナス7℃で3年間熟成させた純米大吟醸酒です。味の深みと透き通った質感のあるお酒に仕上がっているそうです。

純米大吟醸の熟成酒というとても贅沢なお酒となっています。

 

天明にはいろいろなお米を使った日本酒がありますし、山廃仕込や生酛仕込みの日本酒もあります。

天明 生酛と山廃

参考:天明 曙酒造合資会社

個人的に山廃仕込のお酒がとても気になっているので、いつか飲んでみたいと思います。

 

まとめ

以上、香港の鑑評会で1位になった福島県のお酒の紹介でした。

いずれのお酒もAmazonや楽天では購入できないお酒なのが残念ですが、酒店で見つけたらぜひチェックしてみてくださいね。

福島県の日本酒もレベルが高いんですね!

 

-日本酒と酒蔵の紹介

Copyright© 日本酒愉楽 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.