獺祭

【獺祭 ショコラ】日本酒のチョコレートを造って

獺祭について調べていると、「獺祭」銘柄の様々な商品があることがわかります。

獺祭を造っているのは旭酒造という山口県岩国市の小さな酒蔵なのですが、旭酒造以外の会社が造っている「獺祭」銘柄の商品があります。

その1つが「獺祭ショコラ」。

獺祭を使ったチョコレートです。

 

獺祭ショコラを造っている「ショコラティエ パレドオール」

獺祭ショコラは、「ショコラティエ パレドオール」という有名なショコラティエです。

ショコラティエというのは、チョコレート専門の菓子職人のことです。ちなみにショコラティエは男性の職人のことで、女性はショコラティエールという名前になるそうです。

三枝俊介シェフはNHKの「プロフェッショナル」に出演

「ショコラティエ パレドオール」は三枝俊介シェフがオープンしました。

三枝シェフは、2018年の5月にNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組に出演しました。私もこの番組を見ていたので、シェフの顔を覚えていました。番組の中で三枝シェフは「麦茶」をつかったチョコレートという斬新な新商品を造っていました。

もともとはパティシエとして複数のケーキ店を経営していたそうですが、57歳の時にすべてのケーキ店を閉めて、チョコレートにすべてをかけることにしたそうです。

パレドオールは「Bean to bar(ビーントゥバー)」と呼ばれるカカオ豆の選定からチョコレートに仕上げるまでを一貫して手掛ける世界的にも珍しいショコラティエです。

 

獺祭ショコラとは

獺祭ショコラは、三枝俊介シェフのパレドオールが造った日本酒を用いたチョコレートです。

シャンパンや赤ワイン、ブランデーを使ったチョコレートや、ウイスキーボンボンといった洋酒を使ったチョコレートは以前からありました。

お酒を使うのは、お酒の香りをチョコレートに活かすことが目的です。

獺祭ショコラは、獺祭の香りをチョコレートに活かす目的で使用されているんですね。

獺祭ショコラに使用されている日本酒は、「獺祭 純米大吟醸二割三分」という最高級の銘柄です。獺祭二割三分も旭酒造の最高のこだわりが詰まった最高級の日本酒です。

獺祭は「純米大吟醸酒」で、吟醸香と呼ばれる香りが特徴の1つです。

吟醸香はリンゴやバナナに例えられるような華やかな香りです。

獺祭ショコラは、獺祭の華やかな香りをチョコレートに活かしたチョコレートになっています。

ビタータイプと、塩をアクセントに加えたミルクタイプの2種類が入っています。

獺祭梅酒ショコラ

獺祭ショコラには「獺祭梅酒ショコラ」というチョコレートもあります。

このチョコレートは「獺祭 純米大吟醸二割三分」で限定生産された、和歌山県産の南高梅を使った梅酒をチョコレートに使ったチョコレートです。

ホワイトチョコレートと梅の実も混ぜ込んだミルクチョコレートの2種類が入っています。

こちらは、パレドオールの

パレドオール:獺祭梅酒ショコラ

梅とチョコレート、という組み合わせも斬新ですね。

 

まとめ

獺祭ショコラと獺祭ショコラを作っている三枝俊介シェフとショコラティエパレドオールの紹介でした。

「獺祭 純米大吟醸二割三分」は旭酒造のこだわりが詰まった日本酒ですが、獺祭ショコラも三枝シェフのこだわりと技術が詰まった最高級のチョコレートになっています。

6個で2,300円という価格の最高級チョコレートですが、その背景を知ると価格にも納得できますね。

スイーツが好きな人へのおくりものや特別な時に、ぜひ試してみてくださいね。

 

-獺祭

Copyright© 日本酒愉楽 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.