日本酒のきほん

燗酒に向く日本酒と作り方のコツ

前回、冷やと冷酒のお話しをしました。

しかし、日本酒の飲み方の定番はやっぱり燗酒!という人もたくさんいらっしゃいます。

今回は、日本酒を温めて飲む「燗酒」についてお話しします。

 

日本酒を「燗酒」にすることの良い点

日本酒は温度を上げて飲むと味が滑らかになり、甘みがより強く、酸味がうまみに変わり、苦みがマイルドになります。

また、アルコールが揮発しやすくなることでより辛口に感じやすくなります。

純米酒、本醸造酒、普通酒は特に「燗酒」にすることで美味しさが増すことが多いです。

吟醸酒は冷やして飲むのが美味しい、というのは一般常識になっています。軽快な味わいと華やかな香りが特徴のお酒は冷酒にするのが向いています。

日本酒は温度に対してデリケートに変化します。5℃違うだけでも全く違う印象になります。どんな温度にして飲むかということは、日本酒の奥深さと美味しさを知るための重要な要素です。

冷酒で飲んでイマイチに感じたお酒も、燗酒にすることで美味しいお酒に化けることもあります

燗酒にした時のまろやかさや米麹からの強い甘みすっきりとした辛口の後味は、日本酒の奥行きと楽しみを知るきっかけになります。

燗酒は冷酒よりも体にやさしい

飲んだお酒が身体に吸収されて分解されるのは、お酒に含まれているアルコールが体温と同じ温度になってからになります。

そのため飲んだお酒が冷酒だった場合、アルコールが体温で温まってから吸収されるので酔うまでに時間がかかり、お酒を飲みすぎてしまう、という可能性があります。

しかし、燗酒の場合はすでにアルコールが温まっているため、飲んだ後すぐに身体に吸収されることになります。そのため飲みすぎてしまう可能性が小さく、また肝臓に負担をかけづらいという利点があります。

注意ポイント

もちろん、例え燗酒にしたとしても飲みすぎては意味がありません。適量(日本酒の場合は1合=180ml)を超えた量を飲むべきではありません。

 

燗酒の温度と呼び方

冷酒と同じように、燗酒にも温度によって呼び方が変わります。

おおよその温度と名前をご紹介します。

日向燗:30℃

飲んだ時に熱いとも冷たいとも何も感じないぐらいの温度です。

香りが立ってきて滑らかな味わいになります。

人肌燗:35℃

体温よりも少し低いぐらいの温度です。少しぬるいと感じるくらいの温度です。

米と麹の良い香りがして、舌触りがさらに滑らかになります。

ぬる燗:40℃

徳利を持っても熱いと感じないくらいの温度です。

香りが高くなり、ふくらみ感のある味わいになるそうです。

上燗:45℃

徳利を持つと暖かさを感じ、お酒を注ぐと湯気が出るくらいの温度です。

純米酒はこのくらいの温度が一番おいしい場合が多いそうです。

熱燗:50℃

徳利から湯気が見え、徳利が熱いと感じるくらいの温度です。

香りがシャープになり切れ味の良い辛口の味わいが強くなります。

本醸造酒と普通酒はこの温度で最もさえてくる場合が多いそうです。

飛び切り燗:55℃

徳利を持つのも暑いくらいの温度。

香りが鼻に刺激を受けるぐらいかなり強くなる。味もかなり辛口。

純米酒、本醸造酒、 普通酒に向いている温度です。

 

燗酒を作るコツ

美味しい燗酒を作るには、徳利を短時間お湯につけるのがコツだそうです。

菊水酒造さんのホームページに詳しいやり方が載ってます

おいしい燗酒の作り方 菊水酒造
https://www.kikusui-sake.com/home/jp/fun/kanzake/

ここでもご紹介させていただくと、

①お酒を徳利の9割まで注ぐ(徳利の口にラップをするとベスト)

②お酒の入った徳利を鍋に浸して、徳利の半分までつかるくらいまで鍋に水を入れる。

③徳利を1度取り出した後に鍋に火をかけて、沸騰したら止める

④火を止めた鍋に徳利を浸す

⑤お酒が徳利の口まで上がってきたら、徳利を持ち上げる

⑥中指を徳利の底に当ててみて、やや熱いと感じたら完成!

という手順になります。

自分の好みや日本酒の種類によって、適温は変わってきますので、いろいろ試してみるのが良いですね。

コツは、たとえぬる燗にしたい場合でもぬるいお湯ではなく、沸騰したお湯に短い時間浸けるということです。

飲んでみていまいち・・と感じる味わいや香りのお酒だったら、温めて燗酒にしてみると意外に美味しいお酒になることもあります。

冷たい温度や常温だといまいちに感じる雑味や香りがおかんにすることで和らげることができます。

 

燗酒の温度を測る道具もあります

お酒をお燗にするときに、しっかりと温度を測って温めたい人のために、燗酒用の温度計があります。

日本計量器工業 酒かん計 BSY13
https://www.amazon.co.jp/遠藤商事-BSY13-日本計量器工業-酒かん/dp/B001TUTRB8

この温度計であればお求めやすい価格で試してみるのに良いですね。

Amazon自体が在庫を保有している商品なので、最短で当日届きます。

 

 

まとめ

以上、お酒を温めて飲む「燗酒」のお話しでした。

吟醸酒にはやや不向きなことが多いですが、

「純米酒、本醸造酒、普通酒」

といったお酒は、温めて飲むことで美味しく飲めることが多いです。

普段冷酒しか飲まない方でも、「燗酒」に挑戦することで新しい日本酒の世界が見えるかもしれません。

ぜひ燗酒も楽しんでみてくださいね。

 

-日本酒のきほん
-,

Copyright© 日本酒愉楽 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.